« ER-4S改造 | トップページ | ER-4S改造(3) »

ER-4S改造(2)

某掲示板で勧められて注文したタクマンが到着したのでリケノームと入れ替えてみました。

一言で感想を言うとオーバーかもしれないが、すごい!すごすぎる!!(^-^;

少し興奮気味ですが前回の改造との違いはケーブルと抵抗のみです。

ケーブルをモガミの2520からモガミ2526へ変更

抵抗をリケノーム91オームからタクマンREY25FY 82オームへ変更

抵抗が1/2Wから1/4Wと小さくなったので、ケーブルの途中につけていたものをミニプラグの中、ピンに直接配線

以上。

音は格段に違います、

分解能、クリアさ、音の広がり、すべてにおいてタクマンがリケノームより上に聴こえます。

色々と聴いて、一番印象的なのは

クラッシクでズービン・メータ指揮 ホルスト「惑星」。

これはレコードでも持っていてよく聴いた曲であるが、音のバランスよく聞こえ、分解能、広がりとも、こんな音が入ていたんだと感動しっぱなしでした。

楽団員の息使いや楽譜をめくる音、なども聴こえてきます。

おそらくS/Nが上がり歪がへったんではないかと思います。

純正のケーブルと比較しようとボーカルの曲を聴いている途中でケーブルを入れ替えてみましたが、純正のケーブルの音がこもって聞こえてしまい、愕然としました。

あれだけ、クリアで分解能がよくすばらしいと思っていた音がこもって聞こえるなんて.....

使用した部品は、

イヤーパッド 3段フランジ

ケーブル モガミ2526

抵抗 タクマン REY25FY 82オーム

ミニプラグ P-3.5-6TL

DAP iPhone 3G

|

« ER-4S改造 | トップページ | ER-4S改造(3) »

ER-4S改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ER-4S改造(2):

« ER-4S改造 | トップページ | ER-4S改造(3) »