« ER-4S改造(8) | トップページ | ER-4S改造(10) »

ER-4S改造(9)

今日ヨドバシに行ってSTAX SR-001mk2を試聴させてもらいました。

店員さんが「これは良い音がしますよ」と気軽に応対してくれました。

が・・・、持ち込んだiPhoneをつないで音が出た瞬間(この時はクラッシック)

は?、これがSTAX の音??期待が大きかっただけに落胆してしまいました。

ブログ等でER-4をしのぐクリアで繊細な音とあったのでかなり期待していたのですが繊細さの欠片もない曇った音でした。

試聴機の状態が悪かったのか、接続に使用したケーブルが悪かったのかも知れませんが、昔聞いたSTAXの音は繊細でクリアだが力強さが今一歩だけれども好印象だった記憶があるのでなおさらでした。

店員さんが怪訝そうな顔をされたので、もっていたER-4S改で聞かせたところ、私の言ったことに納得されたようでした。

STAXはあきらめてショーケースを覗くとimAmpというMobile Headphone Amplifier(Dockケーブル付)が目に留まったので、店員さんに話しを聞くとやっとメーカーが卸してくれるようになったとの事。

Rimg0047 Rimg0048

某掲示板でポータブルアンプを入れるといいよと散々煽られていたので気にはなっていたのですが・・・

STAXをあきらめたことだし、買ってみようかなと思い話しを聞くと「iPhoneのDockからの接続だと音が出ませんよ」とのこと、その場でネットで調べてくださり見るとメーカーでは対応機種に確かに入っていませんでした。

ここで改造魂に火が入り、何とかなるだろうと思い購入しました。(前置きが長くなりましたがやっと改造ネタに入ります(^-^;)

店員さんも、結果が出たら教えてほしいとの事で、益々力が入り、帰宅後、早速開梱して接続しましたが、確かに音が出ません。

iPhoneのイヤホンジャックで接続して音だしすると、解像度、音の広がりともダメダメ状態でした。

なんとしてもDockから接続しなければとネットを検索すると、16番ピント30番ピンを接続するとアラートは出るものの音は出るとの事だったので、早速ケーブルの改造着手しました。

Rimg0049

完成後、音だしすると、変な表現ですが音に力強さが感じられます、よく聴くと音の広がりが僅かに劣るかなと感じましたが定位、クリアさ、解像度も変わらずエネルギー感が加わったように感じました。

iPhoneのジャックにダイレクトに接続して聴き比べるとダイレクト接続は弱弱しく感じてしまいました。

常用するかどうかは、別にして無駄な出費にならずにすんで良かったです。

|

« ER-4S改造(8) | トップページ | ER-4S改造(10) »

ER-4S改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ER-4S改造(9):

« ER-4S改造(8) | トップページ | ER-4S改造(10) »