« imAmp改造 | トップページ | ER-4S改造(11)その1 »

imAmpバッテリー交換(1)

内蔵バッテリーを三洋のeneloopに交換してみました。
結論から先に言いますと、私の環境ではオリジナルのバッテリーに比べると使えません。
最初にいつもの通りボーカル セリーヌ・ディオンのアルバムを聴いたのですが、
先ず低域がタイトになり量感が減りました、ボーカルが刺さるようにうるさく聞こえます。
次にジャズ LA4  ベースの量感がへりフルートの空気感みたいなものが減りました。
クラッシック メータ指揮 ホルスト 惑星 音の広がりが無く、楽器が混じって聴こえてしまいました。
以上の様な状態で、評判が良かったので期待していたのですが、残念でした.。

追記

金田式DCアンプ(バッテリー式)を作る時の経験でバッテリーで音が変わることは経験していたのに・・・・

こうなるとバッテリースパイラルに突入か?(^-^;

|

« imAmp改造 | トップページ | ER-4S改造(11)その1 »

imAmp改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: imAmpバッテリー交換(1):

« imAmp改造 | トップページ | ER-4S改造(11)その1 »