« imAmpオペアンプ交換(3) | トップページ | imAmpオペアンプ交換(5) »

imAmpオペアンプ交換(4)

下駄基盤が到着しましたので、LF357Hを試してみました。

Rimg0095

Rimg0096 LF356Hに比べて、ワイドレンジに聴こえこえます。
高域、低域ともに比較すると広がった様な感じです。
音場(音の広がり)も、さらにワイドに聴こえます。
ボーカルでLF356Hの方が比較すると若干ざらついて感じます。
ここでOPA627BPと入れ替えて聴いてみると、OPA627BPの音場(音の広がり)の狭さが顕著です。
分解能も落ちる様で楽器の音の分離が比較すると落ちて聴こえます。
LF357Hはクローズドゲイン5以上で使用となっていたので、心配していたのですが、発振する事も無く、無事使用出来ました。
こうなるとOPA627AMとOPA627SMの到着が楽しみです。(到着まで10日位いかかりそうですが)

|

« imAmpオペアンプ交換(3) | トップページ | imAmpオペアンプ交換(5) »

imAmp改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: imAmpオペアンプ交換(4):

« imAmpオペアンプ交換(3) | トップページ | imAmpオペアンプ交換(5) »