« imAmp(改)ライン入力追加 | トップページ | メインシステム紹介 »

imAmp改造 出力抵抗交換

困った事になりました。

コンデンサやボリュームを交換したので、過去に試聴したオペアンプはどうなんだろうと思い、OPA267SMと良い勝負だったLF357Hを取り付けて聴いてみました。

何ということでしょう(どこかで聴いたことの在る台詞ですが(^_^;))

コンデンサやボリュームを交換するまではOPA267SMが私の中では最高の評価だったのですが、今回の試聴ではLF357Hの方が断然上です。

音の広がり、広域の伸び、低域の質、量感など満足できる音です。

比較するとOPA267SMの方は音が中央に集まり楽器の数も減ったように聞こえます。

各パーツの組み合わせでこうも評価が変わってしまうとは??

オリジナルの状態でオペアンプを交換しただけの時は音の広がりは在る物のボーカルの表現がOPA267SMに比べると後一歩で音楽全体が空間に漂う様な表現だったのですが、今回はそういう事もなくOPA267SMの切り替えスイッチをつける前の音場の表現、それ以上の低域の表現

高域の伸びがあります。

調子に乗ってテスタで回路を追っかけてバッファアンプNJM4580の出力抵抗51Ω、LF357Hの出力抵抗400Ωのチップ抵抗も交換しました。

手持ちの関係で400Ωはニッコーム390Ω、51Ωはススムの47Ωになりましたが、曇りの無いクリアな音を帯域を問わず聴かせてくれます。

難を言えば抵抗の組み合わせなのかゲインが低くなったようでボリュームを前回の改造より上げないと同じ音量に聴こえません。

Rimg0124_r

毎回、改造する度に良くなったと言っているので眉唾に聴こえるかも知れませんが、駄目なところは駄目で表現するように心がけているつもりです。

音の事なので聴いてもらうのが一番説得力が在ると思うのですがネットでは遺憾ともしがたいですね(^_^;)当方、鹿児島在住なので近県の方で興味ある方はメール下さい。

余ったOPA267SMはどうしましょうね。(^-^;

|

« imAmp(改)ライン入力追加 | トップページ | メインシステム紹介 »

imAmp改造」カテゴリの記事

コメント

ひろさん
オーディオアップグレードパーツ(http://www.ne.jp/asahi/fr-service/net/page039.html
で変換基板を売っていますよ。

投稿: LA4 | 2009年12月22日 (火) 22時11分

早速の返信ありがとうございます!
自作とかもしたいところなんですが
完全文系で変換基盤やらまったくわからないんです・・・笑
とりあえずはほんとうに簡単なものからですね~

投稿: ひろ | 2009年12月22日 (火) 21時19分

ひろ さん
コメントありがとうございますm(__)m
ヘッドフォンスパイラルワールドへようこそ(^_^;)
ヘッドフォンアンプにはまりだすと、中々抜け出せなくなりますよ。
imAmpだと、まずはOPアンプ交換が手始めだと思いますが、ナショセミLF357Hがお勧めです。
変換基板が必要になりますが、中々の音ですよ。
自作に不安が無いのでしたらLH0032CGのアンプがお勧めです。
入手難、高額では有りますが、究極のヘッドフォンアンプの1台になると思います(^_^;)
いずれにしてもヘッドフォンアンプに手を出されたと言う事は、少しでも良い音で聴きたいと思われたのでしょうから、回り道してお金を費やす事を考えたらLH0032のアンプは一度作って損は無いと思います。

投稿: LA4 | 2009年12月22日 (火) 21時06分

はじめまして!
最近imampを購入して改造について調べてたらたどりつきました!
今まで改造とかしたこともなくまったく知識もないのですが
ここを参考にさせてもらってまずはオペアンプの交換から試して行きたいとおもいます!

投稿: ひろ | 2009年12月22日 (火) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: imAmp改造 出力抵抗交換:

« imAmp(改)ライン入力追加 | トップページ | メインシステム紹介 »