« ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(4) | トップページ | ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(6) »

ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(5)

もう片チャンネルを作成しました。

一刻も早く音を聴いてみたくて、バラック状態で試聴してみました。

気持ちが逸ってしまい配線や半田付けもかなりいいかげんになってしまいましたが、まずは実験ボードのAC電源で、ER-4Sを壊したくないので、壊れてもいいイヤホンで恐る恐る電源投入しボリュームを上げて行くと、とりあえず音が出ました(一安心(^-^;)

ER-4S(オリジナル)に変えて本格試聴、これが本当にER-4Sで聴く低域かと疑わんばかりの量感です。

音の定位もすばらしいです・・・・・でも、何かベールが2~3枚掛かった様な音(失敗か?!)

Rimg0249_r

気を取り直してバッテリーに交換して、再度試聴

Rimg0250_r

これこれ、この音だ!!ヽ(´▽`)/

霧が晴れて視界全快、高域も澄み切った音で低域もACの時の量感は無い物のオクターブ下の低域まで伸びている感じ(少し大げさですが(^-^;

こんな雑な配線と線材(一応ダイエイ使用)、オリジナルER-4Sでここまでの音が出るとは思いませんでした。

これでOS-CONやその他のパーツのエージングが進んだら、どんな音になるのか楽しみです。

そして、ER-4S(改)で、コネクタ類を廃し直付けした音は・・・、出力抵抗をススムからタクマンに変えたら・・・期待に胸が膨らみます。

問題点は、

これを収めるケースをどうするか?

バッテリーの持ちは?

肝心のimAmp(改)+ER-4S(改)との比較ですが、試聴途中で何回かiPhoneを入れ替えて聴いてみたのですが、比較して聴くと(改)の方は音場が狭く、中央に集まって聴こえ、エネルギー感に乏しく痩せて聴こえてしまいます。

imAmp(改)+ER-4S(改)の音に、密かに自己満足していたのが恥ずかしくなります。(^-^;

後戻りできそうにありません。

何時ものことで、しばらくしてこの音に慣れてしまうと、ここが少しと言い出すかも知れませんが・・・

|

« ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(4) | トップページ | ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(6) »

ヘッドホンアンプ自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(5):

« ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(4) | トップページ | ヘッドホンアンプ自作・・・してみたい(6) »