« DCアンプ A/Dコンバータ ピークメーター | トップページ | 手抜かり »

アナログレコードのデジタル化(8)

今日はER-4Sの抵抗をやっぱり変えてみたくなりタクマンの82オームに戻してみました。

変えたばかりなので感想がエージングで変化する可能性は有りますが、今の所、前にも書いたとおり明るい音色で高域がDALEに比べると多少キツク感じる所がありますが、OS-CON、や出力抵抗の交換前に比べれば射す様な感じはなくセリーヌディオンも違和感無く聴けました。

肝心の低域ですが、DAILに比べて篭るようなモヤモヤした感じはないです。

しばらく、これでエージングしてみたいと思います。(DAIL75Ωに比べてボーカルは前の時と一緒で明らかに前に出て聴こえます(^_^;))

アナログレコードの方はシェフィールドラボのダイレクトカッティングレコードを紹介致します。

Rimg0197_r LAB-7

ワーグナーのワルキューレを録音してみました。

音はものすごくクリアで分離、音場ともに文句なしです。・・・が、オーディオ的にはものすごく優秀なレコードなんだと思います。

ワンポイント録音のクラッシク録音なんて、そうそうありませんから。

でも、音楽的にはどうだと問われたら、ミキシングで人工加工されたレコードに慣れてしまった、脳には気持ちよく聴けませんでした。(^_^;)

演奏はロサンジェルスフィルなのでメータもよく指揮しているオーケストラなんですが、メータの録音に比べたら聴いていて楽しくありませんでした。

例えは悪いですが、コンサートホールでなく市民会館で演奏している様な感じですかね(^_^;)

メータ指揮の演奏は生では宮崎在住の時、延岡で1度しか聞いたことはありませんが(その時はイスラエルフィル)やはり、生の音は例え会場の音響が悪くても感動しました。

Rimg0203_r LAB-20

Rock Instrumental Tracksを録音してみました。

Webで調べたら、かなり再生の難しいレコードのようです。

実際、私の再生でもピアノが歪んで聴こえました。(しかし、このレコード中古で12000円の価格が付いているのにはビックリ(^_^;))

ブログをこうして書きながらタクマンに変えたER-4S(82Ω)+imAmp(改)を聴いているのですが、DALEとは違う音色で甲乙付けがたいですね。前にも書いた通りクラッシク系にはDALE、その他はタクマンが合っている様な気がします。

|

« DCアンプ A/Dコンバータ ピークメーター | トップページ | 手抜かり »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

vipjap さんコメントありがとうございますm(_ _)m
>エレキットの真空管アンプを組み立てたばかりですが
真空管アンプですか、良いですね。
これからの季節には暑くて少し大変かも知れませんが(^_^;)
私は真空管のアンプは金田式を実際作る前に、今は無き秋葉原の三栄無線でCDを持ち込んで試聴させてもらい、安い物でいいと思っていたのですが、試聴した音に満足できずにいたら、これだったら満足しますよと聞かせてくれたのがUV211シングルでした。(確か30万近くしたと思います。)
それ迄ラックスのキットしか作った事の無い人間にいきなり1000Vの電圧が掛かるキットなんか出来るのだろうかと思いながら、勢いで購入したのが唯一の真空管アンプでした。
出来上がって部屋を薄暗くして真空管の明かりで聞く音楽は心地よい音だった記憶があります。
出力菅がGEと中国製では音が違った記憶がありますが、経験不足の私には、アドバイスできるような事が有りそうも無いです。
申し訳ありませんm(_ _)m
球には球の良さが有りますので楽しんでくださいね('O';

投稿: LA4 | 2009年5月11日 (月) 23時42分

LA4さん こんばんは。

相変わらず 精力的に活動されておられて 毎回の更新を本当に楽しみにさせていただいております。

私も ほんのつい最近、初めてエレキットの真空管アンプを組み立てたばかりですが、LA4さんの改造ブログが刺激になって そのアンプを少しずつ改造し始めております。(笑)

LA4さんや こちらにコメントを残されておられる方々のような知識を持ち合わせておりませんので 先輩の写真や文章が頼みの綱です。(汗)

抵抗やコンデンサーで音色が変わるであろう事はなんとなく分かるのですが、どこのメーカーの抵抗やコンデンサーが良いのか? またどのような音色に変化するのか等 お時間のあるときで結構です。機会がありましたら是非 お教え下さいませ。m(_ _)m

投稿: vipjap | 2009年5月11日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(8):

« DCアンプ A/Dコンバータ ピークメーター | トップページ | 手抜かり »