« アナログレコードのデジタル化(8) | トップページ | 部品待ち »

手抜かり

金田式A/Dコンバータの5V電源レギュレーターを作ろうとパーツケースから部品を調達し始めたら間抜けなことに2SK246の手持ちが有りませんでした、一気に気持ちが萎えてしまいました(^_^;)

2N5465か2SK30でも良いかなとWebで規格を調べて見て、(音的には判りませんが)問題なさそうだったのですが、とりあえず2SK246を発注しました。

この際ついでなので、パーツケースの棚卸を実施してみました。

大概のパーツは今は無きオテックか若松通商で10年以上前に購入したものばかりです。

2SA726や2SC1400なんて物も転がっていましたがペア取り出来るほどは無いので、このまま死蔵でしょうか(^_^;)

FD1840等は使う日が来るのでしょうか・・・

おまけ

Rimg0224_r 東京高音のアッテネーター2P65CSです。

パッシブのアッテネーターBOXを作った時に購入しました。

15年以上前に2万円位だったと思うのですが、今は4万円以上するんですね、ビックリしました(^_^;)

|

« アナログレコードのデジタル化(8) | トップページ | 部品待ち »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/44958793

この記事へのトラックバック一覧です: 手抜かり:

« アナログレコードのデジタル化(8) | トップページ | 部品待ち »