« アナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ自作・・・してみたい »

アナログレコードデジタル化(6)

今日はお気に入りのレコードの1つをデジタル化してみました。

Rimg0185_r ズービン・メータ指揮/ロサンジェルスフィル・ハーモニックオーケストラの

「スターウォーズ組曲」です。

このアルバムは発売と同時に購入し録音、演奏共にすばらしく結構聞き込みました。

そして15年位前の金田氏の試聴会でこの曲がかかった時「あ!金田さんもメータが好きなんだ!!」と思わず笑みがこぼれたのを思い出します。

今は判りませんが当時のMJ編集部は、金田式で質問したら金田氏の自宅の電話番号を教えて下さり、制御アンプの件で直接問い合わせした事が有ります。(今ではとても考えられませんが(^_^;))

その時の金田氏の対応は突然の不躾な電話にも拘わらず、とても親切に対応して下さいました。(雑誌の記事から気難しい人を想像していたので、少し安心した記憶があります)

Rimg0184_r 今回デジタル化後比較したCDです。

カップリングが違いますが、マスターは一緒では無いかと思います。

音ですが、正直、違う事は判別出来るのですが、それを文章にするのは難しいです。

楽器の分離はレコードの方がある様に感じるのですが、低域の音離れみたいなものはCDの方が有る様に感じます。

でも、聞き込んでいるうちにどちらがどちらか判らなくなります。(^_^;)

おまけ

imAmpの改造で半田除去がうまく出来ないと言うブログを見かけましたので、私の使っている半田吸い取り機を紹介しておきます。

Rimg0186_r バキュームポンプと篭手が一体式になったタイプです。

20年位前に入手しました。

Sme3012_series2アーム遍歴

SME-3012

写真が逆になりましたがSAEC WE-308Lが先に使用していたアームです。

前にも書きましたがプレーヤーと交換でSME-3012を入手しました。アーム内のコードはモガミに交換しています。

この後すぐにもう一本メーカーオーバーホール品を入手しましたが未だに手付かずで保管しています。(さすがに改造する気になれません(^_^;))

Sac_we308l SAEC WE-308L

デンオンDP-5000と一緒に購入したものです。

SME-3012を入手するまで使っていました。

未だに持っては居ますがケーブル類を纏めたケースの中に雑に転がされています。

金田式A/Dコンバータの方はICの下駄基盤への取り付けは終わりました。

Rimg0187_r

|

« アナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ自作・・・してみたい »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードデジタル化(6):

« アナログレコードのデジタル化(5) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ自作・・・してみたい »