« ヘッドホンアンプ自作(オペアンプ編)(14) | トップページ | ヘッドホンアンプ自作(オペアンプ編)(15) »

ER-4S改造(13)

今日はカテゴリーが分かれるため二つに分けました。

ER-4S(改)に使用したタクマン REY25の抵抗の向きについて

私の環境(ER-4S(改)、iPhone3G)での話として限定しますが、昨日の興奮から1日過ぎましたので改めて冷静に試聴してみました。

オリジナルのタクマンでも向きが確認できました、スケルトンにした物よりは変化は少ないですが同じ様な傾向の音の変化がありました。

但し、どちらの向きが正しい音なのかは私には解りません。

単に私の好みの音がする方(音場が広く、高域のざらつきが無い方向)を順方向、違う方(音が中央に集まり高域がざらついた感じになる方向)を逆方向と仮にしました。

順方向は抵抗値のカラーコードで精度をあらわすコードのある方をドライバー側、無い方をイヤーホンジャック側(iPhone側)にした時で、逆の向きに取り付けると上記の様な音が中央に集まり高域がざらついた感じになります。

この実験で1つがっかりしたのはスケルトン化した抵抗を付けたER-4S(改)とiPhoneだけでも、そこそこ満足できる音で聴けることでした。(何のためにヘッドホンアンプを作ったのか解らなくなります(^-^;)

さすがにパワーが足りないと思う曲も有りますが、自宅の部屋でじっくり聞くのならいざ知らず、アウトドアで良い音で音楽を聴きたいという目的ならER-4S(スケルトン改)とiPhoneで十分以上に満足できる音が聴ける事が解ったからです。

|

« ヘッドホンアンプ自作(オペアンプ編)(14) | トップページ | ヘッドホンアンプ自作(オペアンプ編)(15) »

ER-4S改造」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございますm(__)m
でも何とレスしてよいやら困惑しています(^_^;)
何事も経験だと思います。
初めから出来る人はいませんので。
物造りや、機械いじりが好きでしたら、すぐに出来るようになると思います。
好きでなければ・・・メーカーに修理に出すのが確実ですし、当たり前ですが綺麗な仕上がりではないでしょうか。
お役に立てるレスで無くて申し訳ありません。

投稿: LA4 | 2009年9月20日 (日) 21時09分

ER-4Sの断線から2chのスレに行きここにたどり着きました。
ただの半田付けで四苦八苦してる自分からみるとネ申ですね・・・

投稿: | 2009年9月20日 (日) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ER-4S改造(13):

« ヘッドホンアンプ自作(オペアンプ編)(14) | トップページ | ヘッドホンアンプ自作(オペアンプ編)(15) »