« アナログレコードのデジタル化(12) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(14) »

アナログレコードのデジタル化(13)

今回

ネイマ:ハンニバル・マービン・ピーターソン

EWLF-98004

1978年

1.NAIMA

2.IN A SENTIMENTAL MOOD

Rimg0517_r

ザ・ペンタゴン:クリフォード・ジョーダン(TS)シーダー・ウォルトン(P)サム・ジョーンズ(B)ビリー・ヒギンス(Dr)レイ・マンティーラ(コンガ)

EW-10002

1976年

1.マンティカ

2.ダーン・ザット・ドリーム

3.ウナ・マス

4.S.B.ブルース

5.言い出しかねて

6.ヒー・イズ・ア・ヒロー

Rimg0518_r

の2枚(ダイレクトカッティングレコード)をデジタル化しました。

正直、MAIMAについてはさっぱり解りません。(^_^;)

バンド仲間が集まって各々かってに音だしを初めて、それがいつの間にかセッションになっている。

そんな感じの印象です。(練習風景をそのまま録音した感じと言えばよいのでしょうか)

音もクラブでのライブ録音の様に感じてしまう音です(ニューヨーク録音と有りますからスタジオ録音だろうとは思うのですが(^_^;))

ペンタゴンの方は良い録音、演奏だと思います。(只、ダイレクトカッティングでなくてもこれくらいの音の録音のレコードは一杯ある様な・・・たとえば前回紹介したMJQライブ・アット・ピットイン等)

自分で喫茶店なんかやったらBGMで静かに流したい1枚です。・・・・

それにしても暑くて6号機を作る意欲が沸かないです。(4号機(改)の音で満足してしまった事も一因ですが(^_^;))

|

« アナログレコードのデジタル化(12) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(14) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(13):

« アナログレコードのデジタル化(12) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(14) »