« アナログレコードのデジタル化(15) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(17) »

アナログレコードのデジタル化(16)

今回は

L.A.4:JUST FRIENDS

LCJ-2011

1984年

1.MOUVEAU BACH

2.CARINHOSO

3.JUST FRIENDS

4.LOVE MEDLET

5.SPAIN

Rimg0499_r

Sheffield Labの

Mozart:Serenade No.11

Grieg:Four Lyric Pieces

LAB22

1983年

Rimg0501_r

をデジタル化しました。

今回は2枚とも、とても鮮度が高く演奏も音響的にも満足できる物でした。

LA4の方は前回と違い今回はギター、サックス、ベース、ドラムの編成です。

(このレコードはどういうわけか2枚持っていますが、今回使用したのは見本版となっており非売品の但し書きが有ります)

Sheffield Labの方は少しホワイトのイズが多いような気がします。

今回もAudacityを使ってプチプチノイズを削除したのですがさすがにブチッノイズは修正し切れませんでした。(修正しなければいけない時間が長すぎて音とび状態になりました(^_^;))

参考までに

したの方の中央付近で下に伸びているひげがプチッノイズです。

1_r_2

カーソルを合わせペンツールが使用可能な時間軸まで拡大します。

2_r

3_r

ペンツールでノイズ周辺の山に合わせて平坦に修正します。

4_r

上が修正後の波形です。

このソフトで曲間を無音にしたり1曲ごとに分割したりしして保存後iPhoneに転送します。

追記

木工用ボンドによるレコードクリーニングを実行してみましたが、時間のかかる割には効果は少なかったです。(効果が無いわけではありませんが期待したほどノイズを低減出来ませんでした。

ダイレクト・グレンミラーは殆どノイズが入りませんのでレコードの材質によるところがお起きのでしょうか)

|

« アナログレコードのデジタル化(15) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(17) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(16):

« アナログレコードのデジタル化(15) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(17) »