« ポータブルヘッドホンアンプ4号(改)の音(4) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(9) »

耳の老化

お盆休みで甥っ子(高校生)が帰省していたのでiPhone+4号機(改)+ER-4S(改)の音を聞かせたらすごく良い音とビックリしていましたが、それとは別にお願いして周波数チェックを聴いてもらったら16KHzはちゃんと聴こえたそうです。

私には聴こえなかったので、やっぱり年なんだと少し寂しくなりました。

お礼に使わなくなったゼンハイザーのブルーツースヘッドセットをあげたら喜んでいました。(^_^;)

私としてはER-4Sがカタログ通り16KHzまでちゃんと再生していることが解っただけでも良しとします。

相変わらずCADで基盤パターンの作製が上手く出来ません。

やはり7本よりで6号機を作るしかなさそうです・・・・

追記

4号機(改)の音が怖い位に音が良くなってきています。

LA4のアルバムのフルートの音が耳元で演奏しているように聞こえたりギターの音が生に近く感じたり

ホルスト「惑星」の木星のホールの空気感や各楽器の分離が増した様に感じたりしています。

ポップス系のボーカルも声がやけにリアルです。

何が原因なのか良く解りませんが交換したFETのエージングが進んで来たということなのでしょうか?

|

« ポータブルヘッドホンアンプ4号(改)の音(4) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(9) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

カラさん
コメントありがとうございますm(__)m
>まあ早い話が聴くから聴こえるよなんですけどね
訓練により機能低下を遅らすことは可能だとは思いますが・・(^_^;)
正弦波による聴覚と実際の音楽を聴く時の聞こえ方は違うとは思いたいです。

投稿: LA4 | 2009年8月23日 (日) 17時10分

あっと…、はじめましてカラと申します

療術的な考えなので、お医者の方のとは少し違いますが、漢方などの経絡のように体全体の流れでここが急処になりやすいというものです。
音が聞こえる聞こえないというものも、「魚心…」のように聴く方にその意思があれば、ない音を聞くわけでなく、聴こうとするから聞こえる音が聴こえるわけです、そして聴こうとするとそういう機構(シャレじゃないですよ)ができてきて聞こえるようになります(ちょうど、赤子の発達のように)。まあ早い話が聴くから聴こえるよなんですけどね(笑)

投稿: カラ | 2009年8月22日 (土) 23時02分

カラさん
コメントありがとうございますm(__)m
>足首(くるぶし)が硬くなると
そうなんですか、老化によるものなのでしかたが無いと、対策など考えてもいませんでした(^_^;)
アドバイスありがとうございます。
続けられるかどうか解りませんが、試してみます。

投稿: LA4 | 2009年8月22日 (土) 09時11分

これは療術的なものなんですが、足首(くるぶし)が硬くなると耳が聞こえづらくなるとういものがありますので、そういうところがうまく動くようにちょっとストレッチなんかをしてはいかがでしょうか?

投稿: カラ | 2009年8月21日 (金) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/45878244

この記事へのトラックバック一覧です: 耳の老化:

« ポータブルヘッドホンアンプ4号(改)の音(4) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(9) »