« ポータブルヘッドホンアンプCAD基盤(5) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ7号機(1) »

ポータブルヘッドホンアンプCAD基盤(6)

今日は穴あけ作業と基盤カット実施しました。

Rimg0526_r

PROXXONのドリルとドリルスタンドで穴あけ作業実施

Rimg0530_r

カッターで基盤カット

Rimg0536_r

カット後グラインダーで余分な部分を研磨して水洗い、アルコール拭きの後、

再度「めっき工房」で金メッキ実施

パターン表面を研磨剤で軽く研磨して水洗い後乾燥させました。

1枚だけゴミでも入ったのか露光に失敗したらしくパターン途中で穴が開いている基盤が有りましたがジャンパーを這わせれば使用可能です。

残り5枚は問題なさそうです。

次はいよいよ4号機(改)からの移植作業に入ります。

名称も4号機(改)から7号機に改めます。

気になるのはコンデンサをV2AからAPSに交換することでどんな音になるかです。

期待と不安が交差しています。

予想外に音が良いようであれば6号機の方も今回の基盤使用に改造する事になると思います。(悪ければ?・・・無駄な出費とあきらめ・・・られないでしょうね(^_^;))

|

« ポータブルヘッドホンアンプCAD基盤(5) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ7号機(1) »

ヘッドホンアンプ自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルヘッドホンアンプCAD基盤(6):

« ポータブルヘッドホンアンプCAD基盤(5) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ7号機(1) »