« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(13) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(15) »

MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(14)

バッテリーチェックと充電回路の取り付けはまだですが、とりあえずケースに配置してみました。

Rimg0525_r_2

Rimg0528_r

バッテリーはimAmpで一番音の良かったPanasonic HR-4MPSです。

10個使い±6Vでエージング中です。

正式に組んだせいなのかバッテリーの違いなのかER-4Sの抵抗が今回はDALEでは今一すっきりした音でなかった為タクマンに変更しました。

やはり純正タクマンでは、ボーカルのサ行が刺さり、高域に荒さを感じた為スケルトン化しました。

スケルトン化後は、うそのように荒さがとれボーカルの サ行の刺さりも無くなりました。

後はバッテリーチェックと充電端子を取り付けて、本格的なエージングに入ります。

もう一つ、大きさを小さくしたいので直径16mmのボリュームで音の良い物を探さなくてはいけませんが、これには時間が掛かりそうですね・・・

|

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(13) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(15) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(14):

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(13) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(15) »