« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(16) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ8号機 »

MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(17)

ズービン・メータ指揮 マーラー交響曲第2番「復活」を聴いていて、又もコンデンサーをAPSに戻してしまいました。

V2Aだと低域の音量不足を感じてしまった為です。

ER-4Sで無ければ、こんな感じは持たないかも知れないのですが・・・

ボリュームをALPHAに変えれば、高域の荒れは感じなくなりますが、今度は音場が狭くなりますし、クラッシクに関しては、それでは不満が出てくるのは目に見えています。

痛し痒しです。

後はエージングで高域の荒れと僅かなベール感がなくなる事を望むばかりです。m(__)m

バッテリーチェックに関しては正常に動作しました。

ランプが消えて時の電圧は8.4Vでした。±4.2Vと言う事になります、少し高めですが0.2V位は誤差のうちと言う事で・・・

でも、音自体は、歪む事無く、正常に聴けていました。

|

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(16) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ8号機 »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(17):

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(16) | トップページ | ポータブルヘッドホンアンプ8号機 »