« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(2) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(4) »

MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(3)

基盤を金メッキまで終わらせました。

Rimg0554_r

Rimg0557_r

ポジ感光基盤

1.露光後現像(水洗い、乾燥)

2.エッチング(水洗い、乾燥)

3.露光時のマスク除去の為再露光

4.露光時のマスク除去の為再現像(水洗い、乾燥)

ポジ感光基盤にエッチング後めっき工房の

1.金属磨きで表面研磨(水洗い)

2.脱脂液で脱脂処理(水洗い)

3.ニッケルメッキ(水洗い)

4.金メッキ(水洗い)

5.乾燥

と言う手順で作業(結構手間隙かかります)して、後は穴あけ、基盤カットとなりますが、さすがに後日の作業とします。

パターンの酸化を最小限にする為金メッキまでは一気に終わらせようとしたら、ちょっと夜が更けてしまいました。(^_^;)

とりあえず3セット分できる予定です。

1枚は露光時、ごみが有った様で少し傷が有りますが何とかなるレベルです。

後はパーツ在庫を確認してみないと作業が進められません・・・

|

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(2) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(4) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(3):

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(2) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(4) »