« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(5) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(7) »

MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(6)

注文していた、タクマン REY-25が到着しましたので使用部品を集めてみました。

Khpa_p_r

記事の通りで無い抵抗値が有りますが、無い物は仕方が無いので近似値で良しとします。

後はカットアンドトライで調整してみるだけです。

これから抵抗のスケルトン化作業に入りますが1本20分として何時間掛かる事やら、想像するだけで萎えそうですがこれも良い音の為です。

楽しみながら作業!作業!(^_^;)

(実際3日位かかりそうな気がします)

スケルトン化方法覚書(自分の為に)

スケルトン化作業の前に抵抗の向きを揃える為に、まず抵抗のカラーコードの頭側の足ににマーキングします。

後はニッパーで大まかに両サイドの被服をカットしていきます。

後は被服を完全に除去するまで、ひたすらカッターナイフで被服を削ります。

以上

|

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(5) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(7) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(6):

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(5) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(7) »