« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(7) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(9) »

MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(8)

とりあえず基盤が完成しました。

Rimg0510_r

どうなるかは解りませんが、今回もエミッタ抵抗は付けずに試してみようと思います。

抵抗自体はタクマン REY-25 10Ωを8本スケルトン化して準備はして有ります。

先に付けて試そうか、無しを先に試そうかと迷った挙句に先に無しで試す事にしました。

それと、時々でお邪魔している(ROMだけなのですが)

DCアンプmaniaの部屋(http://blogs.yahoo.co.jp/dcampmaniaさんの所で

初段の定電流Trが2K246で無く2SK117である事を知り、急遽交換しました。

調整に入る前に解って良かったです。(感謝ですm(__)m)

記事の本文をよく読まず、回路図だけで作ってしまった為の失敗です。(^_^;)

調整用にアルカリ電池を買ってきたので、明日は配線、調整に入ります。

後、6号機も早く作ったポジ感光基盤に載せ替えてLF357Hの音を7号機のLF356Hの音と比較してみたいです。

|

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(7) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(9) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(8):

« MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(7) | トップページ | MJ(無線と実験)10月号 金田式ヘッドフォンアンプ(9) »