« アナログレコードのデジタル化(19) | トップページ | LH0032変換基板(1) »

LH0032アンプ作成始動(^_^;)

重い腰を無理やり持ち上げてLH0032アンプの回路をPCBEで考案しだしました。

両面基板が作れればよいのですが、そんな技術も有りませんので片面のポジ感光基板用にちまちまと進めています。

今日やっとER-4Sのイヤーチップで私の耳に合うものが偶然見つかりました。

コンプライ Pシリーズのスリムタイプです。

今までスタンダードタイプしか試した事がなかったのですが、たまたまスリムタイプを使ってみたら、これが私にはぴたりでした。

耳の奥まできっちり差し込まなければいけませんが、中高域、低域ともバランス良くばっちりです。

スタンダードだと高域よりの音になり低域が少し不足だったのですが、スリムタイプだとそういうことも無く、満足です。

オリジナルの三段フランジではセットアップにコツが入り、ホットボンドで固めた部分に負荷がかかり、時々断線していたのですが、これなら、そういう事もかなり低減されそうです。

|

« アナログレコードのデジタル化(19) | トップページ | LH0032変換基板(1) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

松本さん
コメントありがとうございますm(__)m
>>どんな回路
になりましたですか?
未だPCBE上で部品配置して、配線を始めたばかりの状態です(^_^;)
いきなり、パワーアンプは無理っぽいので、まずヘッドフォン用回路として考えて、後で出力段の基板追加でためせないかなと考えながらパターン配線回路を試行錯誤しています。
なかなか時間も取れない状況なので今しばらく時間が掛かると思います。
回路が決まりましたら何時ものようにアップします。

投稿: LA4 | 2009年11月 9日 (月) 18時21分

LH0032アンプ回路どんな回路
になりましたですか?
楽しみにしています。
私は、GOAマルチパワーアンプ対決に
製作してみたいです。

投稿: 松本 | 2009年11月 8日 (日) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032アンプ作成始動(^_^;):

« アナログレコードのデジタル化(19) | トップページ | LH0032変換基板(1) »