« バート・シーガー・トリオ(3) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(2) »

LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(1)

LH0032アンプ基板の回路をポジ感光基板に焼いて見ました。

Rimg0627_r

未だ、穴あけカット作業もやっていませんが、この連休中に音出しまで出来たら良いなと思っています。

今回は、コンデンサをV2AでもAPSでも取り付けられるようにして有ります。

それとヘッドフォンアンプでなくパワーアンプとして使えるように出力段のゲート抵抗のパターンも組み込みました。

LH0032は内部出力Trに20mA流しているらしいのでそのまま2SK134/2SJ49や2N3055/MJ2955をドライブできるのではないかななんて甘い期待をしていますが(回路設計をまともに勉強していない者の恐ろしさですね(^_^;))

基本的な回路は今までのOPアンプ使用の回路と同じ構成で、LH0032用パターン、オフセット調整用のパターンを追加しただけの回路です。

作製して見ないと正常にに動作するかどうか一抹の不安もありますが、「実践あるのみ!」と、自分に言い聞かせています。

|

« バート・シーガー・トリオ(3) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(2) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(1):

« バート・シーガー・トリオ(3) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(2) »