« LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(2) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(4) »

LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(3)

LH0032CGアンプをバラック状態で試聴してみました。

Rimg0632_r

オフセット調整後、何時ものようにジャックを付け破損しても勿体無くないイヤーホンを付けて緊張の音だし・・・音が出て一安心。

次にオリジナルのER-4Sと交換し再度試聴してみると

「何これ!!」

虫屋の雑記帳さんやオーディオ軍曹の魔改造日記さん、ズブではない素人のオーディオさんなどの所で散々語られていて、期待はしていた物の、こればかりは自分で作って聴いてみないと解りませんね。

圧倒的な情報量、音のバランス、音像空間の広がりなど圧巻です。

一聴して、まず感じたのは低域の質が違いました。

ベースの音の豊な事!

低域の表現の苦手なER-4Sをもってして、これだけの豊なウッドベースの表現ができるのかと驚愕しました。

妙に低域を持ち上げたような感じではなく音楽の土台がしっかりした様に感じられました。

次に音場の広がりを感じ広いホールに移ったような感覚です。

この状態では、ほんの僅か篭り感を感じたので、イヤーフォンジャック無しの音を聴こうとER-4S(改)に交換しました。(配線は基板直付け)

そして「INTERBEING」や試聴会音源を聴いてみると、本当に自分がその場にいて聴いているような錯覚に陥ります。(特に目を瞑り聴くとイヤーフォンをしている事を忘れるぐらいの臨場感が有ります)

電源はProjectBoordよりの供給、半田付けもいいかげん、作ったばかり等の悪条件にも拘わらずこの音です。

抵抗をタクマンスケルトン、半固定をコパルに変更してちゃんとした電源を作ったらどんな音になるのでしょうか。

これでパワーアンプを作ったら・・・等、期待に胸が躍ります。

追記

補正コンデンサは10pF SE

NFB 抵抗は8.2K、1KΩ

入力抵抗560KΩ

出力抵抗100Ω

以上ススム使用

ボリュームはコスモス20KΩ

配線はモガミ2526、ダイエイ電線

使用

電源部を除けばこれほど簡単で音の良いアンプは無いのではないでしょうか。

只、LH0032の発熱はやはりすごいですね。

バラック状態なのに、かなり熱を持ちケースに収めるとしたらヒートシンクをつけて放熱は考えないといけません

|

« LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(2) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(4) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

かぶだよしさん
コメントありがとうございますm(__)m
>>発熱量ってそんなにスゴいのですか?
バラック状態で30分も聴いていると熱くてちょっと触っていられないくらいです。
オペアンプ1個でこの音は卑怯だろう、ありえないと思う位大満足の音です。
このオペアンプが出来た当時とは状況が違いヘッドフォンアンプが、これだけ認知された現在、このOPアンプを使用したヘッドフォンアンプをメーカーが売り出したら、少々高くてもきっと売れるでしょうね(^_^;)

投稿: LA4 | 2009年11月24日 (火) 20時29分

LH0032の発熱量ってそんなにスゴいのですか?
冬は有難いですね。(笑)
音も申し分の無い表現ですが…どんな低音なのか聴いてみたいものです!

投稿: かぶだよし | 2009年11月23日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/46839015

この記事へのトラックバック一覧です: LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(3):

« LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(2) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(4) »