« LH0032パワーアンプを考える(2) | トップページ | LH0032パワーアンプ(1) »

LH0032パワーアンプを考える(3)

今日は2級ボイラー技師受験の為高速バス往復6時間+電源切り忘れ1時間で7時間位LH0032ヘッドフォンアンプを使用していたのですが、帰宅後テスターで電圧を測定したら7.8Vの測定値が有りました。

本当に10時間くらい持ちそうですね。

LH0032の発熱を考えると驚異的な持ちの様な気がします。

iPowerUSの電池の持ちは恐るべし・・・10時間位持つのなら完全に実用性有りの様な気がします。

妄想だけしているパワーアンプですが、受験後の帰りのバスの中で考えていたのはパワーアンプとしてLH0032を使う場合、ダイオードによるバイアスだけで上手く動作するのかとか出力に抵抗をかました方が動作が安定するのかとか、夢うつつで考えていました。

基礎知識の無い私としては実践有るのみなのですが、それにしても出力をTrでいくかFETで試して見るかとか、考えているうちが一番楽しいですね(専門家から言わしたら、馬鹿野郎かも知れませんが(^_^;))

さて、週末が待ちどうしい・・・

|

« LH0032パワーアンプを考える(2) | トップページ | LH0032パワーアンプ(1) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032パワーアンプを考える(3):

« LH0032パワーアンプを考える(2) | トップページ | LH0032パワーアンプ(1) »