« LH0032パワーアンプ(5) | トップページ | LH0032パワーアンプ(7) »

LH0032パワーアンプ(6)

LUXMAN 505Xを解体しました。

Rimg0663_r

Rimg0664_r

Rimg0666_r

2SA606,2SC959,2SA627,2SD188等、金田式御用達の石が乗っており何かの折には抜き取って1台組めそうです。

さて、回路図と睨めっこしながらトランスの配線を確認しなければ・・・・

追記

我慢できずにプロジェクトボードの電源のままオンケンで鳴らしてみましたが、

予想通り音量は十分以上です。

ボリューム8割ぐらいでかなりの音量でした。

JYAZZやポップス系の曲は5割位で十分ですし、一番音量の小さい録音のビヴァルディ「四季」でこそフルボリュームで聴きましたが、低域の音量も問題無しでした。(フルボリュームでも歪んだり音割れしませんでしたのでもう少し高い入力ゲインでもよさそうです)

正式にアンプが出来上がったらオンケンのスピーカーの位置合わせを、やり直したりケーブルを新調したりしなければいけないようです。(ユニット配線、スピーカーケーブルは15年位変えていません(^_^;))

さらに追記

レギュレータを作ろうと使用していないチャンネルフィルター内臓3ウエイモノラルバッテリーアンプを開けてみました。

Rimg0667_r

Rimg0668_r

蓋を開けて眺めていたら急に勿体無くなり、そのまま蓋を閉めてしまいました。(^_^;)

はっきりしたNoは忘れてしまいましたがレギュレータの出力が30Vだったと思います。

1年ぐらいは聴いていたと思いますが結構満足して聴いていたような気がします。

転勤でアパートの部屋が狭く、マルチを諦めてオンケンの小泉さんににネットワークを特注して

それ以来未使用の物です。

幸いレギュレータ用パーツは1組分位なら有りそうなので新たに組みます。

|

« LH0032パワーアンプ(5) | トップページ | LH0032パワーアンプ(7) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032パワーアンプ(6):

« LH0032パワーアンプ(5) | トップページ | LH0032パワーアンプ(7) »