« LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(8) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(9)の2 »

LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(9)

不思議です。

ヴォリュームをコスモスから東京高音2CP601に変えて試聴してみました。

まずボーカルが前に出て聴こえます。

でも音場が狭くなり低域が軽くなりましたました。

その分高域が少しクリアになったような気がします。

が、何か高域が荒くなった様で、面白くない感覚が有ります。

ここでコスモスに戻してみると篭って聴こえ、これも楽しく有りません。

そこでNo204で使用しているALPHAに交換してみると、コスモスに比べると低域も軽いですし、奥行き感も無い音です、でも、なぜがほっとする音です。

そして、このボリュームはエージングでよくなる事が経験上わかっているのでこのボリュームで暫くエージングして見ます。

それに、このボリュームならケースをコスモスの半分ぐらいの薄さに出来ます。

No204で何時もこのボリュームの音を聴いているので、脳がこのボリュームの音に最適化されたのかもしれません(^_^;)

|

« LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(8) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(9)の2 »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(9):

« LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(8) | トップページ | LH0032ポータブルヘッドフォンアンプ(9)の2 »