« LH0032パワーアンプ(FET)3 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)4 »

LH0032パワーアンプ(11)の2

LH0032の出力にタクマンスケルトン100Ω追加とレギュレータの入力に0.22Ωのセメント抵抗を追加してみました。

音は未だ出していませんが無音状態でボリュームを上げてのフルボリュームチェックで残念ながらハム音は消せませんでした。

効果が全然無かった訳では有りませんが、音だししてみて悪いようであれば0.22Ωは取り外したいと思います。

金田さんの記事の影響かセメント抵抗は食わず嫌いです・・・

追記

音出ししてみました。

通常の試聴音量ヴォリュームの12時から13時位では(無音状態で)、ウーハーに耳をそばだててかろうじて聴き取れるぐらいのハム音になりました。

レギュレータのLEDの明るさの変動もなくなりましたので効果は有ったようです。

音は、少し奥行き感が減った様に感じ、大人しい音になった様に思いますが、LH0032の出力に入れたタクマンスケルトンのエージングが進めば、もう少し良くなってくると思います。

これにてLH00032プリアンプ、Tr版パワーアンプは完成としたいと思います。(^_^;)

|

« LH0032パワーアンプ(FET)3 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)4 »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/47354772

この記事へのトラックバック一覧です: LH0032パワーアンプ(11)の2:

« LH0032パワーアンプ(FET)3 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)4 »