« LH0032パワーアンプ(FET)9 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)9の2 »

アナログレコードのデジタル化(20)

作ったLH0032プリアンプを使用して久しぶりにアナログレコードのデジタル化をしてみました。

Rimg0753_r

Rimg0754_r

45回転オーディオチェックシリーズの中の一枚です。

ポールモーリアは私のオーディオの原点の1つなので思い入れがありこのシリーズのポールモーリア物は後2枚有ります。

早速iPhone3GSに転送してLH0032ヘッドフォンアンプ+ER-4S(改)で聴いてみましたが、

余りにも高音質でビックリです。

高域の澄み切った音、音場の広がり、量感たっぷりの低域、各楽器の分離、メインのシステムで聴く音とは一味違った感動です。

プリアンプの情報量の欠如が減れば減るほど聴きなれたレコードから新たな感動が呼び起こされます。

益々、LH0032使用のDACが作りたくなってきました。(^_^;)・・・

今回も何時もと変わらず

LH0032プリ→PDR-D7(S/PDIF出力)→MTRACKⅡ(S/PDIF入力)→で録音しパソコンで編集(主にプチノイズ、曲間編集です)してiPhoneへ転送と言う構成です。

|

« LH0032パワーアンプ(FET)9 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)9の2 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(20):

« LH0032パワーアンプ(FET)9 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)9の2 »