« LH0032プリアンプ(8) | トップページ | 感謝m(__)m »

LH0032プリアンプ(9)

高域の歪み感は、パワーアンプが原因だったようです。

昨日、パワーアンプのケースを開けて基板を確認したら、パスコン V2Aが1個根元から断線しており交換したら、高域の歪み感はなくなりました。

後はハム音のみと今日1日掛けて色々試してみましたが、まだ完全には解消できていません。

Rimg0725_r

まずは、電源部を独立させて見ました。

少しは改善されましたが、まだ消えません。

Rimg0729_r

電解コンデンサにAPSコンデンサを抱かせて見ました。

一聴して、音が明るくなったような気がします。

ハム音、少し改善

後やった事は、プリアンプ、パワーアンプのボリューム コスモスのケースをシャーシアースしてみました。

ヘッドフォンアンプを作っている時このボリュームを使用してボリュームのケースに触ると盛大なハム音がしていたので万が一と思い実行してみました。

又も少し改善。

全体的には能率の低いスピーカーならまず聴こえないだろうというレベルなのですが、

聴こえる物は、あまり気持ちの良い物ではないので何とかしたいのですが現時点では万策尽きました。

肝心の音は、演奏が始まってしまえばハム音は気が付かないレベルで

「FOR DUKE」を聴いた時には鳥肌が立つ位の鮮烈な音が空間に広がりました。

トランペット、サックスの音が目の前で演奏されているかのように、リアルな音がほとばしりました。

それからは、色々なレコードを続けて3時間くらい聴き入ってしまい、改善の事はどこかに飛んでいってしまっていました。

ハム音の件はkontonさんにアドバイスも頂きましたので調べて、ゆっくり時間をかけて挑戦していきます。(^_^;)

次はDACかPDR-D7の出力をLH0032使用に改造か・・・

LH0032は本当に楽しまさせてくれる石です。

|

« LH0032プリアンプ(8) | トップページ | 感謝m(__)m »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032プリアンプ(9):

« LH0032プリアンプ(8) | トップページ | 感謝m(__)m »