« LH0032パワーアンプ(FET)7 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)8 »

LH0032パワーアンプ(FET)7の2

残念ながらトランスの容量不足の様です。

オンケンで試聴する前に整流回路を変更しようとダイオードをDF31に替えコンデンサもLUXMAN505より取り外したコンデンサに交換しAPSコンデンサをパラってiPhonを接続してNS-10MPROで試聴していたのですが、暫く(1時間位)すると何か異臭がします。

FETやレギュレータの出力Tr、LH0032を触っても全然熱く有りません。

ところがトランスを触ると焼けどしそうな位熱くなっていました。

やはりLUXキットのプリ用のトランスでは無理が有ったようです。

昨日の整流回路では問題なかったのですが、今回整流用ダイオード回路を±別に組みましたので容量オーバーしたようです。(^_^;)

試すとすれば、Tr出力のアンプの電源を別筐体電源にしてコネクタで差し替えられるようにして試してみるしかなさそうです。

どの道、常用パワーアンプは音の良い方1台になるので、週末にでも試してみます。

それまでFET出力アンプのオンケンでの試聴はお預けになりました。(^_^;)

|

« LH0032パワーアンプ(FET)7 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)8 »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032パワーアンプ(FET)7の2:

« LH0032パワーアンプ(FET)7 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)8 »