« LH0032パワーアンプ(11) | トップページ | LH0032プリアンプ(2) »

LH0032プリアンプ(1)

やはりLH002プリアンプを作るしかなさそうです。
No128完全対称プリアンプを作ってから十数年、一度も再調整やら基板配線やり直しを行っていない為7本よりが酸化しているのかも知れません。

Rimg0697_r

Rimg0698_r

Rimg0699_r

写真のポールモーリアを聞いているときにハム音に気が付きました。(写真のレコードは私のオーディオ放浪の旅の原点です。

購入してから三十年以上過ぎていますが、このレコードを良い音で聴きたいというのが泥沼の始まりになりました。)

CD入力ではクリアで高解像度の音が出て喜んでいたのですが、No128を接続して出てきた音はクラッシクを聴くとジャズやイージーリスニング系を聴いているときはそれ程、感じなかった薄いベールの様なものを感じ、今一つすっきりしません。

ふと気になってスピーカーに耳を近づけると、微かにブーンと言うハム音が聞こえました。

CDで同じ事をやっても全く聴こえませんのでプリアンプの問題だと思います。

休みも明日までなので何とか基板パターンだけでも完成させたいです。

回路は

kontonさん
http://www7b.biglobe.ne.jp/~konton/index.html

の回路を参考に作るつもりです。

|

« LH0032パワーアンプ(11) | トップページ | LH0032プリアンプ(2) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032プリアンプ(1):

« LH0032パワーアンプ(11) | トップページ | LH0032プリアンプ(2) »