« LH0032パワーアンプ(FET)9の3 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)9の5 »

LH0032パワーアンプ(FET)9の4

今日、市内のパーツ屋でニッケミの CEW 25V 4700μF NEGATIVBLACKを購入して交換してみました。

これこれ、この音!

楽器の定位、奥行き感が感じられます。

楽器の音がスピーカーを離れて空間に定位されて聴こえます

高域の篭りも感じません。

ニッケミ SMH 50V 10000μFの時とは大違いです。

耐圧がギリギリ(整流出力22V)ですが破裂する事はないでしょう(^_^;)

LUXMANよりの流用品(ニッケミ 35V 3600μF NEGATIVEBLACK)より、良い音に感じます。

若松に発注した ニッケミ CEW 50V 4700μF NEGATIVEBLACKは到着したらTr版で使ってみる事にします。

しかし、エージング無しで、この音ならエージングしたらどうなるか楽しみです。・・・

部品で音が変わる事は散々経験していても、電源のコンデンサで、ここまで音がが変わるのは新鮮な驚きです。

|

« LH0032パワーアンプ(FET)9の3 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)9の5 »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032パワーアンプ(FET)9の4:

« LH0032パワーアンプ(FET)9の3 | トップページ | LH0032パワーアンプ(FET)9の5 »