« 金田式DAC(1) | トップページ | FM東京「JET STREAM」 »

金田式DAC(2)

未だ穴開けまでは出来ませんでしたが、基板を興してみました。

Rimg0779_r

上2枚がIVC、DSC基板

左下がDAC

右下がレギュレータ基板です。

結局IVC、DSC基板はLH0032仕様で興しました。

予想通り、DAC基板のパターンはショート状態のパターンが数箇所有りカッターナイフで修正を余儀なくされました。(^_^;)

正直初めてのDAC基板作製なのでまともに動作するのかどうかも解りません(^_^;)

作製しながら、エッチングの時間待ちに、現在沖縄に住んでいる年の離れた妹が置いて行ったCDを何枚か現在のシステムで聴いて見ました。

私とは結構聴く曲の趣味が違うので、新鮮に感じました。

女性ボーカルの曲が、中々気持ちよく聴けて、尚且つ低域のバスドラムや、ベースの音が

身体を揺り動かして聴こえ、内心「良い音、良い音」と自己満足に浸っていられました。

ソファーベッドに座って聴いているのですが、どうもリスニングポジションが近過ぎた様で

50センチ位後の位置(スピーカから2m位離れた位置)で聞くと、音が中央に集まらず、ベストポジションでした。

DACがうまく作れたら、さらに良い音で聴けるのではないかと、期待してしまいます・・・

|

« 金田式DAC(1) | トップページ | FM東京「JET STREAM」 »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/47750582

この記事へのトラックバック一覧です: 金田式DAC(2):

« 金田式DAC(1) | トップページ | FM東京「JET STREAM」 »