« LH0032アンプ感想 | トップページ | 金田式DAC(1) »

LH0032アンプ感想(2)

金田式オリジナルのDACパターンはPCBEで作ってみたのですが、自分でレイアウトを考えて進めている分がなかなか上手く出来ません。

出来れば下駄基板を使わずに基板上にチップを載せたいと思い試行錯誤しています。

今日も帰宅後CDやレコードを試聴してみました。

キングのスーパーアナログディスクを何枚か聴いてみましたが満足できる物は有りませんでした。

元々、このシリーズは私の感想ではオリジナルのレコードに比べ低域の量感は増しているものの鮮度に乏しい印象が有ったのですが、まさに、そのまま悪い印象が増幅された感じに聴こえました。

一時期MJ誌の試聴に良く使われていた「カンターテ・ドミノ」はオリジナルを持っていないので

良く解りませんし、余り私の好みの楽曲で無いので判断できませんが悪くないような気がします(^_^;)

レコードではダイレクトカッティングの「ダイレクト・グレンミラー」やCDの金田さん試聴会CDを聴くと、躍動感あふれる鮮度の良い音が聴けますので現再生システムが悪いとは思えないのですが・・・

総じて昔の録音をCD化しただけのものは音に躍動感が無くつまらない演奏に感じてしまってレコードの方が良く感じてしまい、最近のデジタル録音に慣れてきた録音は良い音に感じてしまうというのが私の感想です。

パワーアンプもFET版を良く感じるソースが有ったりTr版を良く感じるソースが有ったりと、まちまちの様な気がします。

DACの作製も急務なのですがカタログスペックではノイズやオープンループゲインでLH0032の上を行く(スルーレートは1/10ですが)OPアンプOPA627SMを使用したイコライザーアンプも作って聴いて見たくなっている今日この頃です。

追記

今日合格発表だった危険物乙4

Webで調べたらどうやら合格したみたいです。

これで、暫く資格受験は無いと思います。(^_^;)

|

« LH0032アンプ感想 | トップページ | 金田式DAC(1) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

nakaさん
コメントありがとうございますm(__)m
>回路図など公開していただければありがたいです
本当に簡単な回路ですが、今日Tr版出力の
回路図を描きましたので、アップする予定です。
プリアンプに関してはkontonさんのページが詳しいです。
私もkontonさんの回路(http://www7b.biglobe.ne.jp/~konton/LH0032%20MC%20PRE%20seisaku.htm#その後の2)を参考にさせていただきました。

投稿: LA4 | 2010年3月 6日 (土) 21時12分

松本さん
>わたしは4wayマルチ
本当にうらやましいです。
そして、調整の難しさがしのばれます。
それにしても4way全てをLH0032で鳴らされているのはすごいですね。
確かにLH0032の情報量の多さやバランスの良さを聴いてしまうと、4way全てをと考えるのはごく自然かも知れませんね。
LH0033は私も興味有ります。
機会があれば購入を考えているところです。
今はとりあえずDAC作製を優先して完成させたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

投稿: LA4 | 2010年3月 6日 (土) 21時05分

返信有難うございます。
ゲインをあまり必要としないヘッドフォンアンプ、ラインアンプLH0033を安く入手する機会があったら使用してみて下さい。これもなかなか良いICです。バッファアンプの為、外付け部品もあまりいりません。パワーアンプは、LH0032ドライブだけでも、リチウムバッテリー駆動すると特徴かでます。低電圧回路いまさがながら、やはりバッテリー駆動がベストと思います。電源トランス、コンデンサー、定電圧回路悩まないで済みます。出力トランジスターの、アイドル電流をどこまで下げるか悩むとこです。とりあえず今は、30mAで今は聞いています。わたしは4wayマルチです。LOW,MIDLOWをLH0032でMIDHIGHTをLH0033使用インバーテッドダーリントン回路でゲインなしでスコーカーを鳴らしてます。LOW,MIDLOWのスピーカーの音圧は同じで、MIDHIGHTとの音圧の差が23dBもあるためです。少し長くなりました。
追加。
バッテリー電源、アンプ接続時ショックノイズが大きいので、めんどうですがスピーカーは、後接続します。

投稿: 松本 | 2010年3月 6日 (土) 19時36分

毎回、楽しく拝見させていただいてます。
影響されてしまいそうです。
回路図など公開していただければありがたいです。

投稿: naka | 2010年3月 6日 (土) 09時42分

松本さん
コメントありがとうございますm(__)m
>±12か16Vリチウムバッテリー
ポータブルヘッドフォンアンプは±16Vで聴いていて、とても満足しているのですが、さすがパワーアンプでは持ち時間が心配で未だ試して老いません。
でも近いうちに音だけでも確認してみたいと思います。(^_^;)

投稿: LA4 | 2010年3月 6日 (土) 08時22分

LH0032アンプ電源を±12か16Vリチウムバッテリーでいつか聞いてみてください。
私は、感動しました。

投稿: 松本 | 2010年3月 4日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/47724771

この記事へのトラックバック一覧です: LH0032アンプ感想(2):

« LH0032アンプ感想 | トップページ | 金田式DAC(1) »