« AU-300LCをLH0032プリに内臓 | トップページ | PDR-D7プチ改造 »

昨日聴いたレコードの紹介

昨日聴いたレコードの一部紹介です。

Rimg0848_r_2

ステレオラボラトリーシリーズの1枚でクインシー・ジョーンズの楽団物です。

購入してから、余り聴いた事は無かったのですが、楽曲はともかく音が鮮烈でクリアな音質でした。

まるでダイレクトカッティング版と見間違うばかりの音です。

Rimg0849_r_2

このレコードはダイレクトカッティング、ハイプレゼンス、デジタル録音の3種類あるらしいのですが、残念ながらハイプレゼンス、デジタル録音の2枚しか持っていません。

今回はハイプレゼンス版を聴いてみました。

Rimg0850_r_2

こちらは同じLA4のライブレコードです。

Rimg0851_r_2

マリーンの「ジャスト・ア・ウーマン」45回転の物です。

この曲はレーザーディスクのプロモーションビデオ?で気に入っていたものですからレコードではどうだろうかと思い購入した記憶が有ります。

いずれのレコードも音に活気が有り解像度も高く、高音質で鮮烈な印象でした。

いずれのレコードもLH0032の音の解像度の高さを思い知らされる音で満足なひと時を過ごせました。

で、DVI_DACの方は基板に部品取り付けを終わり、いよいよ裏配線です。

Rimg0852_r_2

Rimg0856_r_2

前にも紹介したかも知れませんが7本より作りには写真の様な工具(ピンバイス)を使うと便利です。

Rimg0855_r_3

|

« AU-300LCをLH0032プリに内臓 | トップページ | PDR-D7プチ改造 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/48068291

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日聴いたレコードの紹介:

« AU-300LCをLH0032プリに内臓 | トップページ | PDR-D7プチ改造 »