« 金田式(モドキ)ADC(10) | トップページ | 金田式DAC(9)その4 »

金田式(モドキ)ADC(11)

やはり前途多難です。

まずGCA_SDC基板の1枚目の調整でシンクロで波形を見てみると変な波形で、何よりVin+とVin-が逆相で出なければいけないのに同相です。

もう一枚の方をみて見ると

Rimg0912_r

写真のように正常と思われる波形です。

よくよく調べてみるとSDCの2段目のTr2SC959のコレクタ同士がショート状態です。

熱結合した時には、確認していて問題なかったはずなのですが・・・(^_^;)

再度ばらして再熱結合して波形を見たら、上の写真の様な波形になりました。

次にADC_DIT基板と接続して出力のパルスを見ようとしたのですが、どうもデータが載っている様な波形には見えません。

色々調べてはいるのですが、本日は手詰まり状態です。

それにしてもやはりシンクロ等でしっかり確認しないとこう言う基板は難しいですね。

テスターだけでは2SC959のコレクタ同士がショート状態なのを見つけるのも時間が掛かったかもしれません。

またもや試行錯誤に突入です・・・

追記

1つは誤植を確認できました。

回路図ではPCM1804の19番ピンRSTに配線が有りませんが、実態配線図及び記事の中にプルアップの記述が有り、プルアップしたらリセットが掛かり、パルスが確認できました。

実態配線図の誤植は何時もの事ですが回路図に間違いが有るとは思ってもみませんでした(^_^;)

|

« 金田式(モドキ)ADC(10) | トップページ | 金田式DAC(9)その4 »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式(モドキ)ADC(11):

« 金田式(モドキ)ADC(10) | トップページ | 金田式DAC(9)その4 »