« 金田式DAC(9)その4 | トップページ | 少し挫折気味です »

久しぶりにダーク・エンジェル

金田式ADCが中々うまくゆきません。

今日はPCベースオシロスコープ(JDS UDS-5202)まで持ち出して波形確認です。

Rimg0916_r

こちらの方がKENWOOのアナログシンクロ(100MHz)より上の200MHz対応なのですよね。

購入した時期が余りにも違いすぎるので何ですが安くなったものです。

こちらの方で波形を見ているとLH0032のオフセットやら出力の電圧調整やらテスターでの調整値と結構違っていたりします。

KENWOODのファンクションジェネレータ(FG-273)で波形を入力しているのですが三角波だと気が付かないノイズが方形波を入力すると入力波形には無いノイズが出力の立上りに片側のみ乗っていたりするのが確認できます。

(随分昔金田式ターンテーブル制御アンプを作った時にこの辺の測定器は一気に揃えました)

おまけに途中で電源供給を+/-逆にしたりで貴重なLH0032が昇天したみたいです(^_^;)

そんなわけで、集中力が下がってしまい途中で気分転換にDVDボックスセットの「ダーク・エンジェル」1をみてしまいました。

もう過去に何回も繰り返し観ているのですが、観始めると1枚を最後まで見てしまいました。

ボックス2は荒唐無稽になりすぎて、余りのめりこめませんが、1は面白いと思います(仲間探しが中心です)。

こうしてみるとジェシカ・アルバも若いですね(^_^;)

|

« 金田式DAC(9)その4 | トップページ | 少し挫折気味です »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/48298261

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにダーク・エンジェル:

« 金田式DAC(9)その4 | トップページ | 少し挫折気味です »