« アナログレコードのデジタル化(23) | トップページ | iPhone用キーボード到着 »

アナログレコードのデジタル化(24)

今日はダイレクトカッティングレコードです。

SheffieldLab Lab 18 「Strauss and Dvorak」

Violin : Arnold Steinhardt

Piano : Lincoln Mayorga

Rimg1010_r

もう一枚

プロユース・ダイレクト・カッティング・シリーズ LF-95009 「ボイリング・ポイント」

ギター:横内章次 ベース:稲葉国光 ドラム:野村元 テナーサックス:西条幸之介 

ビブラフォン:松石和宏 ボーカル:中本マリ

です。

Rimg1009_r

やはりダイレクトカッティングレコードをデジタル化する方がやっていて楽しいです。(^_^;)

|

« アナログレコードのデジタル化(23) | トップページ | iPhone用キーボード到着 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(24):

« アナログレコードのデジタル化(23) | トップページ | iPhone用キーボード到着 »