« タイムマシンレコード到着 | トップページ | タイムマシンレコード到着(2) »

FileMaker Bento

ようやく私の望んでいたデータベースソフトに巡り会えたのかも知れません。
手軽に持ち歩けて簡単に母艦PCとの連携が取れる。
そんなソフトをずっと探していました。
HP−200LXに内蔵のデータベースソフトの様に汎用性が有るソフトを探して結構試してみましたが、中々ぴったりの物が見つからずにいました。
HP-200LXの液晶表示がおかしくなった為WindowsCE器、WindowsMobile器を何台か渡り歩きその度にデータベースソフトを購入して試していました。
TCARD,FileMakerMobile,Zaurusのデータベース、
そしてiPhone用のソフトでFMTouch,iDBPro等試してみましたが、どれも一長一短で使い切る事が出来ずにいました。
FileMaker自体はver2.0頃から長年愛用していて、このデータをポケットに入れて持ち歩くのが目的でした。
とりあえずTCARDに入れてあったデータをSYLKで書き出してサンプルのテンプレートに取り込みMacBookとiPhoneとの間で同期を取る練習をしたばかりですが簡単に同期がとれて使いやすそうです。
まだ、これから本格的に色々試してみないといけませんが使えそうな気がしています。
惜しむらくはFileMakerProとのシームレスな連携は今のところ出来ないみたいです。
一旦SYLKなりカンマ区切りタブ区切り等で書き出して取り込む事になります。
尚iPhone用は別途Bento for iPhoneを購入しないといけません。

追記

FileMakerPrp10からはBentoのデータ取り込み時にタグが用意されているみたいですね。(完全ではないですが)

私のVerは9でしたので出てきません。

後iPhoneに取り込んだフィルドデータは英数のソートがかかる様で電話番号が表示の一番最初になっていて意図したフィールドの並びでは表示出来ませんでした。(この点はすごく残念です)

これはBento fo iPhonの設定でプログラム起動時のレコードの並びをどのフィールドを表示させるか、どのフィールドでソートさせるかの選択で対処出来るので余り問題にならない感じです。

HP-200LXのデータベースは本当に良く出来ていて、フィルドの位置や長さを自由に替えられてソート検索も自由自在でした。

単三2本で1ヶ月は電池が持ちましたから液晶パネルさえ交換出来れば、未だ使いたいくらいです。(本当に無い物ねだりですが)

|

« タイムマシンレコード到着 | トップページ | タイムマシンレコード到着(2) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/48652801

この記事へのトラックバック一覧です: FileMaker Bento:

« タイムマシンレコード到着 | トップページ | タイムマシンレコード到着(2) »