« 金田式DAC(12) | トップページ | 次に試す事は・・・ »

パワーアンプダイオード交換

LH0032パワーアンプ(FET出力版)の電源ダイオードに先日購入した1S2711を試してみました。

Rimg0990_r

期待に胸躍らせて試聴して見ました。(^_^;)

が・・・

残念ながら今回は期待通りとは行きませんでした。

エージングで変わるのかも知れませんが余りにも切れ味鋭い音で、硬い音です。

バイオリンの音の微妙なニアンスが失われ金属っぽい響きになってしまいました。

メリハリはすごくしっかりした感じなのですが音に艶っぽさが失われてしまった感じです。

元の31DF2に戻して聴いて見ると、やはりこちらの方が現在の私のシステムには合っているようです。

バイオリンの微妙な響き、ピアノの響きなど絶妙に再現されて聴こえます。

システムの構成や使う場所によっては1S2711の方が良い場合も考えられますので、又違うアンプでも作った時に試して見たいと思います。

パワーアンプをこれ以上いじるとしたら4電源にする位しか手がなさそうですね。・・・

|

« 金田式DAC(12) | トップページ | 次に試す事は・・・ »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワーアンプダイオード交換:

« 金田式DAC(12) | トップページ | 次に試す事は・・・ »