« No198イコライザーアンプ内蔵金田式(モドキ)ADC(4) | トップページ | FileMaker Bento »

タイムマシンレコード到着

タイムマシン・レコードの「ホリーランド/藤井貞泰トリオ」CD、DVDが到着しました。

Rimg1001_r

Rimg1002_r

早速DVDの96KのファイルをTvix M-5100SHに転送して試聴してみました。

環境はTvix_M-5100SH→多機能デジタルシステム(モドキ)→LH0032(FET出力)パワーアンプ→オンケンSPです。

全部を聴いた訳では無いので早計にコメントすべきではないかも知れませんが出だしの2曲聴いた感じでは、レコードの音や人工加工音に洗脳された私の耳にはドラムの音が大きすぎてベースの音が小さく、バランス悪く聴こえて余り満足できる音では有りませんでした。(^_^;)

マイクセッティングがドラムに近すぎたのでしょうか?

人間は脳でフィルターを掛けて聴く事が出来ますが、DCマイクはあるがままの音を拾ってしまいますので、現実はこのバランスの音なのでしょうね。

(遠い昔CK-1でDCマイクを作ってPCM-F1で部屋の中で試し録音した時に室外の人の話し声がくっきり録音されていたときはビックリした事を思い出します(^_^;))

現場でリアルタイムで聞いた方であれば又違う感想なのでしょうが、現場の生の音を聴いていない私としてはん~と言う感想です。

私も遠い昔JAZZの生録会やクラッシクのコンサートに出向いた事は有りますが、生演奏の熱気や雰囲気は良く出ているとは思います。

それでも、ドラムの音が大きすぎて・・・

かえって五島さんのセッティングされた他のCD音源の方がバランス良く感じて素直に聴ける様に感じます。

スピーカーのセッティングやアンプ調整用の音源としては最高だと思いますが、老婆心ながら一部金田式マニアを除いて人工加工音に慣れている人が大半の相手の世間一般には商業的には難しいのではないでしょうか?と思ってしまいました。(初めて聴いた金田さんのDC録音の音にとまどって理解できていない自分も含めて)

Tvix_M-5100SHに転送時にPCにつないだアンプ内蔵スピーカー(ONKYO GX-70AX)で聴いた方が素直に聴けた様な気がします。(^_^;)・・・

追記

「DCアンプmaniaの部屋」さんのブログを拝見すると現場での聴こえ方も音源の通りドラムの音がが大きくベースの音が小さかったらしいです。

今回の音源に関しては色々な方のブログやホームページで語られていますが、私もそうですが音そのものが悪いと仰っていらっしゃる方はいらっしゃらないと思います。

上にも書きましたがドラムの音はオンマイクでとってもここまでリアルに拾わないだろう思うくらい強烈です。

ボーカルも専用マイク無しで良くここまで拾っているなという感じです。

普通のホールで客堰の位置ぐらいで収録された方がバランスよく収録できたのではと素人考えで思ってしまうだけです(^_^;)

|

« No198イコライザーアンプ内蔵金田式(モドキ)ADC(4) | トップページ | FileMaker Bento »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/48621161

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマシンレコード到着:

« No198イコライザーアンプ内蔵金田式(モドキ)ADC(4) | トップページ | FileMaker Bento »