« アナログレコードのデジタル化(25) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(27) »

アナログレコードのデジタル化(26)

今回もとことん懐メロです。

まずはキングのエバーグリーンシリーズの1枚、「ジュリオラ・チンクェッティ」

1976年と有りますのでおそらく就職して1年目川崎の寮にいる時に購入した物のようです。

Rimg1018_r

この人のレコードを初めて聴いたのは中学校の時、近所に住んでいた1年先輩の家で聴いたのが最初でした。「雨」「バラの託」などがお気に入りでした。

Rimg1019_r

次も同じくエバーグリーンシリーズの「ダニエル・ビダル」です。

こちらもやはり同じ先輩の家で聴いたのが最初です。

1番人気のあった頃はTVのバラエティにも出演していた様な記憶が有ります。

数十年ぶりにデジタル化しながらヘッドフォンで聴いていましたが、音楽的にはともかく音的には結構良い音の様な気がします。

こんな音がオーディオをやり始めた頃に出せていたら、ここまでオーディオの泥沼に入り込まなかったかもしれません(^_^;)

それとも24bit/96Kフォーマットだからこんな感想を抱くのでしょうか

以前のデジタル化はPDR-D7使用ですからCDフォーマット16bit/44.1Kでのデジタル化となります。

以前のデジタル化した物も全て24bit/96Kでやり直して行くつもりです。

話は変わりますが

随分前に購入して放置プレイ中のエティモティックリサーチのety8をiPhone3GS (iOS4)で試してみました。

あっさりとペアリングできてしまいました。

iOS4以前は専用のアダプタ経由での使用でしたが、やはりアダプタ無しは取り扱いが楽です。

電波のつかみも大丈夫な様です。

OS3のアダプタ経由時は電波のつかみが悪くしょっちゅうとぎれっていましたが、今回は大丈夫の様な気がします。・・・

|

« アナログレコードのデジタル化(25) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(27) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(26):

« アナログレコードのデジタル化(25) | トップページ | アナログレコードのデジタル化(27) »