« ストラヴィンスキー「春の祭典」比較 | トップページ | アナログレコードのデジタル化(36) »

アナログレコードのデジタル化(35)

金田式SP-10MkⅡ制御アンプの電池が切れてしまい急遽交換しました。

前回何時交換したか記憶に無いので1年以上前だと思います。

ここに来てアナログレコードのデジタル化で連日使用していたので結構持ってくれたと思います。

Rimg1066_r

「audio directions 」 演奏 グラブバック DD101

中古ショップで購入しましたが盤質が悪く余り聴かなかったのですが、このたびのレコードクリーニング方法で何とか聴けるレベルになりました。(ダイレクトカッティングレコードで無ければ購入していません(^_^;))

Rimg1065_r

「カーニバル」 メイナード・ファーガソン 25AP 1004

2曲目の「宇宙のファンタジー」が興味あって中古レコード店で購入しました。

(Master Sound76 と帯に書いて有ったのも購入のきっかけの一つです)

Rimg1064_r

ストラヴィンスキー 「春の祭典」 ショルテ指揮 シカゴ交響楽団 GXP-9001

メータ以外のクラッシクはめったに購入しないのですがステレオラボラトリーシリーズの1枚なので購入しました。

メータと聞き比べてみるのも面白いです。

SSDにだけ保存しておくのは心配なので、溜まって来たデータをメディアに保蔵しようかなと思い「Audio DVD Creator」なるソフトをダウンロード購入してみました。

DVD VIDEOに音だけ24bit/96kで書き込むソフトって案外無いんですね。

最初は手持ちのDVDオーサリングソフトで簡単に出来るだろうなんて考えていたのですが調べてみたら専用ソフトが必要と判り、さらに検索して見つけたのがこのソフトです。

使い方はこれから練習します(^_^;)・・・

Webでみたのですが今月号のMJの金田さんの記事はバッテリー式パワーアンプとなっていますね。

こちらでは13日発売だと思いますが今から楽しみです。・・・

|

« ストラヴィンスキー「春の祭典」比較 | トップページ | アナログレコードのデジタル化(36) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(35):

« ストラヴィンスキー「春の祭典」比較 | トップページ | アナログレコードのデジタル化(36) »