« アナログレコードのデジタル化(40) | トップページ | iPhone4入手 »

アナログレコードのデジタル化(41)

Rimg1085_r

「八神純子 THE BEST」

特に思い入れの有るアルバムでは有りませんが、この人の透明感の有る声が好きで購入したと思います。

今、何をなさっているのでしょうか?もう50歳を超えていますので、往年の歌声は無理でしょうが聴いてみたい物です。

(それにしても、このレコード今までで一番スクラッチノイズやプチノイズが少なくデジタル化できています。

有る程度レコードの取り扱いやシステムのグレードが上がってから新譜で購入したレコードは、綺麗にデジタル化できる傾向が有ります。

当時はレコードを購入したらまずカセットにダビングして聴いていましたのでレコードの痛みが少ないのでしょう。)

Rimg1086_r

1970年大阪万博のドイツ館で売っていた物らしいです。(中古ショップで購入)

単価500円と有ります。

Rimg1087_r

こちらはチェックレコードです。

同じ曲をマルチマイクとワンポイント、ダミーヘッドで収録した物がB面に有ります。

演奏は読売日本交響楽団・指揮 エーリッヒ・ベルゲル

Rimg1088_r

「ブランデンブルグ協奏曲」 ジャック・ルーシェ・トリオ /ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

こちらも中古ショップにて購入したものですが盤質があまり良くなくノイズや音割れがします。

ただ4チャンネルレコードなので針が追従できずに音割れしている可能性も有ります。

|

« アナログレコードのデジタル化(40) | トップページ | iPhone4入手 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化(41):

« アナログレコードのデジタル化(40) | トップページ | iPhone4入手 »