« 金田式No209(9) | トップページ | 金田式No209(10) »

LH0032パワーアンプ(13)

プチ改修を終了(電源スイッチ、バッテリーチェック回路取り付け)してHanyTechのバッテリーで音だししてみました。

やはり空間が静かですね。

その為、最初音の広がりが減ったように感じてしまいました。

暫く聴いていると、そうではなくAC駆動に比べると音の分離、定位が一段と良くなっている事に気付かされます。

やはりバッテリー駆動の方が音楽再生能力は上のようです。

今回のNo209も音の良さはバッテリーに依存しているところが大きいのでしょうね。

よほどの事が無い限りAC駆動には戻れそうも無い音楽再生能力でした。

心配事がいくつくか

・ 今回はFET出力版を改修しましたのでバッテリーの持ち時間はどの位なのか?

・ 電源ON/OFF時のポップノイズがAC駆動に比べてかなり大きい

これは何とかしたいですが出力にリレーやスイッチ等の接点は入れたくありません。

(面倒とトラブル可能性は秘めていますが電源を入れてからスピーカーケーブルを接続する等の対策が必要かも知れません。)

・ 保護回路を搭載していない

等がありますが、おいおい考えてみます。

こうなると多機能デジタルアンプ(モドキ)もバッテリー駆動したくなります。

が、LH0032を8個も使っているので消費電力の点からバッテリーの持ち時間がどうなのだろうかという懸念がありますね。・・・

追記

・ スガラポットさん提供の「愛の挨拶」

・ HOLY LAND

を聴いてみました。

いやー、

AC電源からDC電源へ変更しただけでかなり印象が変わりました。

「愛の挨拶」はAC電源の時もすばらしい録音だと感じていましたがバッテリー電源ではさらに音の定位がはっきりしました。

バイオリンとピアノの位置関係が、あれ!こんな位置なのという感じでした。

HOLY LAND は聴きなれたせいもあるかも知れませんが、シンバルの音がそれ程五月蝿く感じることは無く、MARIさんのボーカルも力強くはっきり聴こえベースの音もしっかり聴き取れます。

以前のバランスが悪く、あまり聴く気になれないと言う印象とは大違いです。

やはり自分の再生システムに問題有り!だったようです(^_^;)

パワーアンプ1台の電源で「ここまで変わるか!?」の思いを強くしました。

追記

チャイコフスキー 1812年を聴いてみました。

今まで気がつかなかったトライアングルの音がくっきり聴こえ、タンバリン?の微かな音まで聴こえて来ました。

そしてクライマックスの大砲の所で、ややもすると音が団子状態になって聴こえていたのですが、それも各楽器がはっきり聴こえる様になった気がします。

|

« 金田式No209(9) | トップページ | 金田式No209(10) »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

T@Mさん
お早うございますm(__)m
>気が乗らない時は、あっさりやめましょう。
気が乗らないときやっても中々進まないですし、雑になってしまいますね(^_^;)
しばし放置プレイします。
>サランネットを外し
私は市販品を使っていた頃はサランネットを外して聴いていました。
サランネットは聴かない時の防護用としてしか考えていませんでした。

投稿: LA4 | 2010年9月12日 (日) 08時00分

LA4さん、今晩は。
気が乗らない時は、あっさりやめましょう。
私の場合は、時間の無駄になる場合が多いです。
本日は恥を忍んで書きます。
改良後、第一印象のまま本日も音楽を聞いてました。ふとスコーカー、ツイーターからちゃんと音でているのかなと思い、サランネットを外し、見ればバセレフダクトに薄っすら埃、もう片方外した時、何か高域が凄くクリアです。4345買って25年以上なります。今まで損した思い。ネットが埃で詰まっているのかな?凄く満足な音となりました。でも他を改良したらまだ良くなる?との思いでした。(私のレベル低いな!)

投稿: T@M | 2010年9月11日 (土) 21時52分

T@Mさん
こんにちわ
>リチウムバッテリーに惚れてます
そうですね。
ここまで良いと何にでも使いたくなりますね(^_^;)
私はNo209の音に嵌ってしまったようで、暫く抜け出せそうも有りません。・・・

投稿: LA4 | 2010年9月10日 (金) 12時07分

LA4さん、今晩は。
ヘッドフォンとの差ですが、スピーカーの方が低音の改善で、柔らかと言うかまろやかで、良くなりました。音の基本は、やっぱり低音にあると思う気持ちです。高域もスピーカーの方が気持ち良いです。
これで先に進めます。バッテリーはエージングで良くなってます。リチウムバッテリーに惚れてます。

投稿: T@M | 2010年9月10日 (金) 00時10分

T@Mさん
こんにちはm(__)m
>2200μのブラックゲートコンパラ
そうですか、まろやかな感じですか。
スピーカーとヘッドフォンの差の改善は進まれましたでしょうか?
私は今更のNo127調整でつまずいています(^_^;)

投稿: LA4 | 2010年9月 9日 (木) 12時24分

LA4さん、今晩は。
製作早いですねー。
私のスピーカーの音質バランスが改善しましたので報告します。改良次の二点です。1、低域とミッドバス、アンプを別々に204ラインアンプで音量調節を兼ねてドライブしました。2、バッテリーに2200μのブラックゲートコンパラにしました。
いやー、なんでこんなに変わるのだろう!
第一印象、音が丸っこく柔らかくうるささがない、高域が伸びたスケール感はありません。でも心良い音です。低域は引き締まってますが、量感も良いです。今までの腰高の音を聞き慣れた耳には、少し物足りない感じはします。でも今までにない良い方向性でした。

投稿: T@M | 2010年9月 8日 (水) 22時53分

T@Mさん
こんばんわ
>SPショックノイズの件、
そうなるとバッテリーを後6個購入しなければならなくなりますね。
±24Vでレギュレータを通し出力に±16Vの様な構成でしょうか。
とりあえずはアンプのスピーカー端子より片側の線を外してON/OFFで逃げる事にします。(^_^;)
>差を縮めないと!
がんばってくださいm(__)m
こう暑いと製作意欲減退ですけれど・・・

投稿: LA4 | 2010年8月29日 (日) 20時14分

LA4さん、今晩は。
音出しおめでとうございます。
ACからバッテリーへの音の変化は、音質改善の基本的な事と、今は思ってます。
SPショックノイズの件、後は電源を前段と終段に分けるとかどうでしょう!。
少し告白します。
それは、スピーカーより、バッテリー駆動ラインアンプ204の出力にヘッドフォンで聞いた音が良い事です。差を縮めないと!

投稿: T@M | 2010年8月29日 (日) 18時37分

かぶだよしさん
個展の準備で忙しいのに立ち寄って戴きありがとうございます。m(__)m
骨休めになれば幸いです。
バッテリー化は想像以上でした。
ACよりは良いと思っていましたが、これ程差が有るとは聴いてみるまで判りませんでした。
GOAの頃の音が蘇った感じです。
果たしてNo209はどんな音になることやら(^_^;)

投稿: LA4 | 2010年8月29日 (日) 15時49分

そうですか!バッテリー電源で空間が静かですか〜。素晴らしいですね〜!ご近所なら拝聴しに押し掛けています。
バッテリーの持ち時間は確かに心配でしょうが、音の定位までが解ってしまう音では、もうAC電源には戻れませんね。
今までの苦労が報われましたね〜(タクマンのスケルトン化とか〜)羨ましい〜〜でゅす。

投稿: かぶだよし | 2010年8月29日 (日) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LH0032パワーアンプ(13):

« 金田式No209(9) | トップページ | 金田式No209(10) »