« 金田式No209(11)の2 | トップページ | これ程とは・・・ »

LH0032FET vs Tr

Tr版もプチ改修(電源スイッチ、バッテリーチェック回路取り付け)してHanyTechのバッテリーで試聴しました。

やはり空間が静かですね。

・ スガラポットさん提供の「愛の挨拶」

・ HOLY LAND

を聴いてみました。

印象的にはFET版と同様AC駆動の時よりは分解能、定位は勝っています。

HOLY LANDもシンバルの音を五月蝿く感じることも有りません。

ただFET版を聴いた後だけに比較するとボーカルが僅かに引込み低域の量感も少ない様に感じます。

「愛の挨拶」のバイオリンの音もFET版に比べれば艶っぽさが少なくノコギリに近くなります。

(FET版、Tr版を比較すとと言う事で極端な違いでは有りませんがTr版を聴いて再度FET版を聴くとTr版の音に繊細さが足りなかったのに気がつかされます)

バッテリードライブにすることで逆に差が顕著になった様な気がします。

また、出力段Trの発熱がAC駆動に比べて多いような気もします。

今回の比較で心置きなくTr版を解体してケースをNo209に流用する決心が着きました。

その肝心のNo209ですが調整段階で手間取っています。(それで気晴らしにTr版改修を先にやってしまいました(^_^;))

バラック状態で保護基板は後回しにしてアンプ基板の調整に入ったのですがバッテリー電源スイッチONにて出力に-13.5Vが出力されます。

定電流の所の電源スイッチはOFF、出力オープン、出力段の電源共用の2電源、+側電流2mAという状態です。

出力に8Ωダミーロードを接続して調整するように記事には有りますので本当はそうしたいのですが8Ω4Wの抵抗しかもっておらずオープンでも大丈夫だろうと思ってやってみました。

が、dcampmaniaさんから「接続しないと完対は正常な調整はできないかも・・」とお教え頂きましたので

手持ちの抵抗を取り付けて再度挑戦してみます。・・・

|

« 金田式No209(11)の2 | トップページ | これ程とは・・・ »

LH0032CG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/49305708

この記事へのトラックバック一覧です: LH0032FET vs Tr:

« 金田式No209(11)の2 | トップページ | これ程とは・・・ »