« MJ無線と実験9月号(3) | トップページ | 金田式No209(2) »

金田式No209(1)

朝から何枚も失敗しながら、ようやくOHPシートに満足できる印刷が出来ました。

Rimg1130_r

OHPシートを何種類か交換して印刷設定を変更してと、手を替え品を替えしてようやくです。

絶版になったサンハヤトのシートならここまで苦労せずに済むのですが、なにせ4重印刷でずれないように印刷するのは難しいです。

(3重印刷までは光にかざした時に隙間が見えてしまいます)

パターンも当初のグランドパターンをnakaさんの助言にしたがい変更して有ります。

ここまでやってしまうと作らざるおえないのでタイトルとカテゴリーを変更して気合を入れてみました。(^_^;)

Rimg1127_r

もののついでにSL-1100制御アンプ用の位置信号発振回路基板とLH0032使用ドライブアンプ基板もOHPに印刷しました。

ドライブアンプは出力段にFETを試してみるつもりで当然の事ながら(電池の持ちの関係で)AC駆動の予定です。

こちらの方を作るのは随分後になると思いますけれど・・・

追記 今回、最終的に使用したフィルムは「PLUS」の IT-324F-Cというものです

|

« MJ無線と実験9月号(3) | トップページ | 金田式No209(2) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No209(1):

« MJ無線と実験9月号(3) | トップページ | 金田式No209(2) »