« 金田式No209(1) | トップページ | 金田式No209(3) »

金田式No209(2)

ポジ感光基板に焼き付けてみました。

Rimg1137_r

次は穴あけして再度露光、感光剤除去という手順になります。

ポツポツ作製されて方がブログやホームページに感想を述べられていますが、好評の評価の様ですね。

バッテリーも注文しなければならないのですが、その前にiPowerのバッテリー(リチュウムポリマー9V)で試してからでも遅くないかなと考えています。

万が一、現在使用中のLH0032パワーアンプと大差が無かった場合、バッテリー代数万円の出費が痛いからです。(万が一、万が一(^_^;))

逆に大差が付いて圧勝であれば安い買い物だとは思いますが・・・

|

« 金田式No209(1) | トップページ | 金田式No209(3) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

かぶだよしさん
コメントありがとうございますm(__)m
>残暑キビシい折柄、・・・
かぶだよしさんの方も個展の準備が着々と進んでいらっしゃるようですが、あまり無理はなさらないように気をつけてくださいm(__)m

投稿: LA4 | 2010年8月17日 (火) 20時51分

いつもながら回路図って抽象画のように観えて美しいですね。
バッテリー代…数万円は確かに痛いですから、慎重にいった方がいいですよね!
残暑キビシい折柄、室内作業の時にも水分補給を忘れずに〜〜

投稿: かぶだよし | 2010年8月17日 (火) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No209(2):

« 金田式No209(1) | トップページ | 金田式No209(3) »