« バッテリー到着 | トップページ | アナログレコードのデジタル化(51) »

金田式No209(5)

まだまだ足りない部品があるものの注文していた2SK117が到着しましたのでぼちぼち作り始めました。

Rimg1154_r Trは以前分解したバッテリー式GOA3CHマルチの基板から抜き取りリユースします。

他の部品も使えるものはなるべく流用予定です。

今回2SK117は若松のペア品が余りに高額の為、別の販売店より100個購入して自分でペアリングしました。(送料や代引き手数料を払っても若松で2ペア購入する価格と同等でした)

作り始めて、まず迷ったのがスケルトン抵抗です。

正直、信号ラインダイレクトの場所に余り使いたくありません。

以前ポータブルヘッドフォンアンプに夢中になっている時のER-4Sへの使用での音の印象が悪すぎました。

それ以来使う気にはならないのですが1/4Wの抵抗では無理そうな場所では使わざる終えません。

その他の場所はススムでは無く何時もの通りタクマンスケルトンを使います。

どうした物か・・・・

使った事は無いですがタクマンの1Wのものを発注してみようか・・・1/4Wでうまく行ったからといって同じ結果にならないのがオーディオの辛いところですね。

明日は若松に発注したLEDや半固定抵抗が到着の予定です。

充電器の件も再度問い合わせしなければいけません。

出来る所だけ、もう少し進めてみます・・・

|

« バッテリー到着 | トップページ | アナログレコードのデジタル化(51) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No209(5):

« バッテリー到着 | トップページ | アナログレコードのデジタル化(51) »