« 金田式No209(8) | トップページ | LH0032パワーアンプ(13) »

金田式No209(9)

とりあえずアンプ基板部品取り付けは終了しました。

Rimg1174_r

初段の補正コンデンサSE 330pFの手持ちがなく220pFを取り付けてみました。

挙動不審の時はその時に購入します。

終段につながる抵抗22KΩもタクマンがなくなったためススムで代用して有ります。

これから保護回路の作製に入らなければならないのですが、その前にLH0032パワーアンプの改修を作に手を出そうかなと考えています。

せっかくバッテリーがあるのでバッテリー駆動の音を無性に聴きたくなりました。

改修と言ってもアルミケースに電源スイッチ用の穴をあけてスッチを取り付けて基板配線を変更するだけなのですが、実際やると時間が掛かります。

明日までには音だししてみたいです。・・・

追記

その後SE330pF、タクマンスケルトン22KΩに交換済みです。

|

« 金田式No209(8) | トップページ | LH0032パワーアンプ(13) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金田式No209(9):

« 金田式No209(8) | トップページ | LH0032パワーアンプ(13) »