« 次なる一手 | トップページ | ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(2) »

ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(1)

ADC内蔵イコライザーアンプは、やはりNo210で作る事にして作り始めました。

今日の所は抵抗取り付けを残して表の部品取り付けまでが終わりました。

Rimg1277_r

2段目 Tr 2SA872A使用

終段 Tr 2SC959使用

バイパスコンデンサも手持ち最後のV2A 0.1μを投入しました。

これで未使用V2Aは0.47μFを残すのみとなってしまいました。

Rimg1278_r

Rimg1279_r

2段目とAOCのTr 熱結合に何時ものアラルダイト接着だけでなく、薄いアルミ板を加工して

巻き付けて見ました。

上の写真では初の試みの為、要領が掴めずピッタリの長さにカットして巻き付けたのでつなぎ目を接着剤で固定しましたが

下の写真のように長めに巻き付けて余りを折り返してラジペン等で締め付けた方が綺麗に出来ました。

少しは効果が在る事を期待しています。

次は抵抗取り付けです。

追記

やっている内に過去の記事を見ていて気が付いたのですが抵抗にススムを使うのであればジャンク箱に放置してあるNo128基板を改造した方が手っ取り早いですね。(^_^;)

私の場合は今はタクマン使用なので作るしか有りませんが・・・

|

« 次なる一手 | トップページ | ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(2) »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(1):

« 次なる一手 | トップページ | ADC内蔵用No210モドキイコライザーアンプ(2) »